bluesのテニス帳

最近テニスにハマってしまったブルースマンがそのノートを大公開

◆水曜レポート 1-⑻【強めのボレー】

  ◆水曜レポート◆

2020年2月26日(水)

 

 

 

 





 Contents

 

      

 

 まもなく3月ですね。もうすぐ春はそこまで♪ 何かを信じて生きて~♪ なんて歌もありました。朝 のランニングも日に日に明るさが増してきます。1月は朝7時近くまで闇夜の国。2月に入ると徐々に日の出も早まってきます。暗いより明るい方が精神的に気持ちがいいですね。今、有酸素運動を満喫しています・・・花粉たっぷりの(笑)。

東山レッスン1-⑻ 強めのボレー! 

◆東山レッスン1-⑧です。。レギュラー3人と準レギュラー・イノモンに上級クラスのYさんが加わり、5名による水曜夜間特訓。テーマは【ネット際ボレー】。ミニラリーの後早速ローテラリー。今回もコーチはボレスト。我々ネット側に対し、今回はベースラインから強めのストロークを打ってくれました。ゲーム時の強めの球に近かったかでしょうか。やはりこの位強めでないと試合に繋がらないので・・・。私としては、前半はミスなしで返球を続けられました。後半ですか?徐々に疲れが出始めるとボレーミスが表れ始めますね。特にバックハンド。まだまだボレー練習が必要と言えます。

ゲーム

◆【ゲーム】は上級クラスのYさんにサーブでコテンパンにされました(笑)。旅人さんよりも速いスライスサーブをセンター/ワイドへ変化自在に運ばれました。このところサーブにばかり集中していましたが、この先レシーブ強化を図りたいです。
~Do not forget to prepare / review!~
日曜も頑張ります。

 

 

◆練習を終えて 1‐⑧【ネット際・高めの球処理】

◆練習を終えて◆
2019年2月23日(日)

 

 Contents 

 

 

 3連休ですね!

 しかし我が家は明日から霞ケ浦でテニスの予定でした
が中止となりました。

 コロナウィルスの感染拡大が止まりませんからね。
外出は控えた方が良いかもしれません。

 クルーズ船や屋形船に象徴されるように密閉した空間は
ほぼ確実に感染し続けています。

 今後一番危ないのは通勤電車。

 今出来ることは、つり革に触れず、
感染した手を手洗いと消毒することくらいですが、

励行して被害を食い止めることが大切です。

 

 シュガー レッスン 1-⑧

◆練習お疲れ様でした。
 シュガー レッスン 1-⑧。

テーマは【ネット際・高めの球処理】として、
平衡陣が組まれた後のロブの対応について、
中級クラス並みの技術強化を教わりました(今回は意外と高度でした)。

 今まで平衡陣の第一歩として
「タテ割り平衡陣」
すなわちセンタ-ラインを境に
前衛は同じ前ポジションでコート半分を守り戦う手法を教わってきましたが、
いよいよ本当の平行陣へ進みました。

 スキーで例えるとシュテームターンからパラレルターンへの挑戦!みたいな・・・違うか(笑)。

ローテーションラリー

◆【ローテーションラリー】に入る前に
シュガー抗議・・・いや、シュガー講義が繰り広げられました。

 平行陣の後、高めのロブを追いかけて返す方法です。

①ハイボレーで返す場合。
後ろに下がってのハイボレーは意外と後ろから振って頭上で止める事が大切。
振り切るとアウトしますから。

②スマッシュする場合。
やはりスマッシュの基本打点は前で捕らえる事でした。

◆ローテラリーでは入念にコーチの高めの球出しで
ボレー/スマッシュを繰り返します。

私へのアドバイス
「どれもいい感じです。強いて上げると
ゲーム中の強弱に対応できるよう応用力を高めてください」・・・ひゃー(笑)。

ゲーム

◆【ゲーム】は球出しによるゲームのみ。

「普通のゲームはこのクラスにはもう必要ありません。
平行陣の強化としてアプローチ後から球出しのシミュレーション形式です。」

平衡陣は雁行陣が縮まった形のようです。
よって上がった後衛は元の前衛より後ろのポジションで
元の前衛にいかに決めさせるか、がポイント。

チェンジなど前衛の左右ポジションは
平行陣と基本は一緒なことは目から鱗でした。

◆球出しは平行陣のそれぞれにロブを上げ、
どこまでがお互いの守備範囲かを理解することが目的。

今まで、がむしゃらに上がった後は
とにかくなるべく後ろに上がった球は取ることを考えていました。

コーチは処理可能なギリ界の球を出しますから、
その限界点を確認せよ、でした。

意外と自分は今まで限界以上に取っていましたね。安心しました(笑)。

  

来週もよろしくお願いします 。

 

 

◆水曜レポート 1-⑺【ボレー強化!】

  ◆水曜レポート◆

2020年2月19日(水)

 

 

 




 Contents

 

      

 

 

東山レッスン1-⑺ ボレー強化! 

◆東山レッスン1-⑦です。レギュラー4名フル出場に加え、今回も準レギュラー・イノモンさんが参加。テーマは【ボレー強化】。前回のボ「移動するボレー」に対し、今回は前衛のネット際ボレー。ボレーは体調がもろに出ます(笑)。平日の夜は仕事内容によって体力が残っていない時があります。今回はドンズバ!よってボレーはドンズバならず・・・。こういう日はYONEX・VCORE97はかなり重く感じます。EZONEの255gを使うのもありかもしれません。

サーブ

◆【サーブ】はダブルフォルトなし。スピン、スライスに加えフラットサーブも打てるようになってきました。スピンは正面を向いて上に打つ・・・正面とはネット右ポール。スライスはそのスピンの打ち方でやや遅らせながらはじく感じですかね。フラットは左肩の方向に打つ・・・左肩はもちろん相手コート。でもいまだにスピード感が全くないです。

日曜も頑張ります。

 

 

◆練習を終えて 1‐⑦【ロングボレー】

◆練習を終えて◆
2019年2月16日(日)

 

 Contents 

 

 冬眠から覚めました・・・。

昨日日曜は2レッスンを受講し、
帰宅後ビール~焼酎~爆睡コース。

夕食時に起こされ、NJさんが青梅マラソン出場、
自己新をマークしたとの知らせを受け喜びもつかの間、
睡魔に見舞われ大河ドラマの前に再び熟睡した次第です。

NJさん、あっぱれ!

◆シュガーレッスンの後、
凜さんと一緒に次のCXレッスンにも参加してきました。

シュガーレッスンとCXレッスンの違い。

CXレッスンは大人数のため、
球出し練習がとても充実しています。

4列を作り何周も何周も繰り返すのでまるで、
球出しがメインのように感じてしまいます(笑)。

最近人数不況の、シュガーレッスンは
いきなりローテーションラリーに入って
「中級体験」していますから
久々、構造的な練習を味わえることができました。

そのおかげで・・・爆睡(笑)。


 ちなみに凜さんは普通に、
楽しそーに打ち込んでおりました、
ハイ(笑)。

◆祝!不況のシュガークラスに新人が入りました。
ご年配ながら初めてクラスからの生え抜きの男性で、
テニスは未経験とのこと。

でもゲームでは失敗もなく運動神経に長けた方です。

おしゃれな眼鏡をつけていて、
ショウヘイさんに似ていませんでしたか?

ニックネームは・・・募集中(笑)。

 シュガー レッスン 1-⑦

◆練習お疲れ様でした。
 シュガー レッスン 1-⑦。テーマは【ロングボレー】ですが、合わせて【コントロールを重視】したラリーも行われました。

ローテーションラリー


◆【ローテーションラリー】はネット際からベースラインのコーチとボレスト。

ロングボレーの繰り返しですが、
コーチの手前に緑の丸が敷かれ、
2分の中で、何回入れられるか?でした。

凜さんとのペアで3回入りましたよ。

実はCXレッスンでも同じ練習でしたが、

CXコーチに
「フォアは完璧。
バックハンドの手首が山なりになってラケットが下がりがち。」

注意してみます。


◆コントロール重視②として
アレー内でのラリーもありました。

しかも!お互いのポジション手前に緑丸が!

思い切って力を抜き
真直ぐ打つよう心掛けたら
2-3回入ったようで
Rabbitsにお褒めの言葉をいただきました(やったー)。

◆左右コントロールの基本は
何といっても「足」と「肩」でしたね。

打つ方向に対し足と肩を揃えて打てば
必ずその方向にボールは跳んでゆきます。

ただし腕の振りが横ですとどちらに進むか分かりませんが・・・。

 

サーブ

◆【サーブ】の基本はコンチネンタルグリップ。

この握り方で斜め前方、すなわち
自分から見てネット右側の審判台に向かって振ると
スライスやスピンはサービスエリアに入ってくれます。

 今回もゲームではそのことを肝に銘じてスイング・・・。

フレームに当たり球はそのままネット右側のシュガーコーチ目掛けて・・・。

辛うじてよけていただきましたが、
その後のボヤキは・・・当分言われますね(笑)。

ゲーム

◆【ゲーム】は平衡陣を目指しました。

この日も腰痛で見学していた、

てらぽさん「なんか皆さんのゲーム地味でしたよ」
と言っておられました。

 今回も「縦割り」のポジションからスタートし、
ネット前でのロングボレー練習を活かすための練習でしたからね。
しかもコース重視・・・。

  

来週もよろしくお願いします 。

 

 

◆水曜レポート 1-⑹【アプローチからのボレー】

  ◆水曜レポート◆

2020年2月12日(水)

 

 




 Contents

      

 

 最近、テニス練習の翌日は下半身の筋肉痛が半端じゃないです。日曜、水曜ともにハードな練習になって来た事もありますし、年も年ですし・・・。そして日曜と水曜の練習後はどうしてもアルコールの量が増えますね。これも要因の一つでしょうか。練習の有無にかかわらず、お酒を控えた翌日の朝は本当に快適です。頭のてっぺんからつま先まで、パワーが漲っている気がします。皆さんもお試しあれ・・・あれっ?それが普通?◆実は先週日曜のレッスンの夜、笑点を観ながら下半身を入念にストレッチ&マッサージしてみたのですが、その翌朝、筋肉痛はかなり軽減していました。練習後はクールダウンして、マッサージすることは必須なのですね。合わせて「ノンアルコール」も(笑)! 

東山レッスン1-⑹ アプローチからのボレー! 

 前日に「ポコポコダブルス」に出場した旅人さんと私と・・・おや?MVPのイノモンも参加ですね!皆さん筋肉痛は~?

◆テーマは【アプローチからのボレー】。

前回までのボレーに加え今回は「移動するボレー」です。

平衡陣は組んだものの、
同じ位置でボレーを繰り返していてはミスを待つばかり。

ボレーで返したら1歩前進・・・ボレー後また前進と
変化をつけ決めショットに持っていくそうです。

くれぐれも前進しすぎでネットオーバーにご注意(笑)。

 

ローテーションラリー


◆【ローテーションラリー】はクロスラリーを延々と。

なんせ4名でのレッスンですから、
疲れます。

なので、

「本日のマイ目標」を勝手に試していました。

・フォアハンドストロークを強化したい
⇒球出しでは割と速球が打ててる。
⇒いざラリーとなると打てない
⇒なぜか?
⇒詰まるケースが多い
⇒なぜか?
⇒ポジション取りが遅れているはず
⇒足を素早くスライドさせ、
フォアハンド空間を作る
⇒なるべく体から離れた位置でインパク
⇒試してみました。結構納得でした。
 

サーブ

 

◆【サーブ】。ビッグサーバーが多いこのクラス。

特にマニーさん、花形さんのフラットサーブは
半端じゃないパワーですから。

その花形さん、コーチに「回転系教えて」ですって。ひゃ~。


~Do not forget to prepare / review!~
日曜も頑張ります。

 

 

◆練習を終えて 1‐⑥【ネットプレー】

◆練習を終えて◆
2019年2月9日(日)

 

  

 

 Contents 

 

 寒波が続いています。

 今日も最高気温8℃の中、
寒さに耐え自転車でTennisリゾートへ行って来ました。

  ロッカールームでのクラブ会員(野外コート)の方々の会話は

「寒いですね」ばかり(笑)。

 我々スクール生は一年中
室内にて風の吹かない快適なテニスを楽しませていただき有難いです。


 ◆この寒波も来週半ばには急転換、
気温はお花見シーズン並みの暖かさになるようです。

 したがって、花粉の飛散も早まるとの事。

 つらいですね。

 いっその事お花見も早めてくれませんか~(笑)。

 シュガー レッスン 1-⑥

◆練習お疲れ様でした。
 シュガー レッスン 1-⑥。

テーマは【ネットプレー】です。

ネット際でのロング/ミドルボレー、

チャンスボールをスマッシュなどが課題です。


なお、テーマとは別に参加人数6名という事で、
中級体験すなわちスパルタ練習も行われました。

 

ローテーションラリー

 ◆いきなり【ローテーションラリー】に入ります。

ローテと言っても場所は2か所。

ボレストとネットを2枚挟んだロングボレー。

ボレストのネット側にコーチから球出し。
ストロークも我々が付きます。

1回3分の特訓のため厳しかったですよ。

最初のうちはスマッシュも決めれましたが、
2分を超えたあたりから、ミスショットが大半を占めるようになりました。

ネットプレイと共にスタミナを持続するメンタルトレーニングでしたね。


ロング・ボレーボレーにたどり着く頃は、
息があがっており体力のなさを痛感した次第です。

疲れている時に正確なプレーが出来るかが鍵ですから。

ゲーム

◆【ゲーム】は先週同様
「前に出る」を意識し、平衡陣へ。

 アプローチは必須アイテムです。

 ファーストボレーを恐れずアプローチすることが大切。

 独身の皆さん、失敗を恐れず、
どんどんアプローチしましょう・・・違うか(笑)。

◆また今回、ネットプレーに限らずゲーム中のこぼれ球など、
スライス対応はなるべくせず、
むしろ全部スピンで返すことを意識しました。

スライスはネットになりがち。

どんな弱い球でも丁寧なスピンで返すと成功の確率は高まる気がしました。

  

来週もよろしくお願いします 。

 

 

◆水曜レポート 1-⑸【ボレーに突入】

  ◆水曜レポート◆

2020年2月5日(水)

 



 Contents

      

 

 

東山レッスン1-⑸ ボレーに突入! 

◆ヒガシコーチが無事復帰された「東山レッスン1-⑤」。

テーマは【ボレー】に突入です。


3か月前はボレー習得を目標にしていたほど苦手なテーマでしたが、
その甲斐あってボレーのミスが減ってきました。

ボレーボレーと違いゲーム中のボレーは、
球威が違うので、力負けしてしまいがち。

よって踏み込み足(フォアなら左足)に体重をかけ
当てることを意識したことが、功を奏した気がしています。

 

ローテーションラリー


◆【ローテーションラリー】は「球出しボレー」。

球出しされた球をネット前から3つの深さを狙います。

①ベースライン付近のコーンを狙う「ロングボレー」、

②サービスラインのコーンを狙う「ミッドボレー」、

③ネット際に落とす「ドロップボレー」。


①は最も深さを出すことからラケットは横に倒します。
②のミッドボレーは逆にラケットを縦に。
③のドロップボレーがうまく落ちません。

「ラケット前に出すとよいかもしれません」
のアドバイスに納得。

◆意外にも
「バックボレーはよいと思います。
フォアのラケットがもう少し前で捉えたいですね。」

ボレーはコンチネンタルグリップでとよく言われます。

なぜでしょう?

横を向いて打つからなのでは?

であればフォアハンドの場合
若干後ろ側で捉えるはずなのに・・・謎です。

 

サーブ

 

◆【サーブ】はコンチネンタルで相手に対し横を向いて
自分の前にスイングすれば
ボールは相手側に飛んでくれますね。

勿論インパクト後の回内は必須ですが。

ですが、フラットサーブがよくわからないのが現状です・・・。


~Do not forget to prepare / review!~
日曜も頑張ります。

 

 

◆練習を終えて 1‐⑤【平衡陣(初級編)】

◆練習を終えて◆

2019年2月2日(日)

 

 

 

 





 

 Contents 

 

「人間は考える葦」という哲学者パスカルの教えは有名ですね。先週水曜、タケえもんレッスンの時「テニスは足、すなわち”手ニス”ではなく”足ニス”なのです」という教えを頂戴しました。何百年後も引き継がれる格言になるとといいですね、タケえもんコーチ(笑)。

 シュガー レッスン 1-⑤

◆練習お疲れ様でした。
 シュガー レッスン 1-⑤。

 テーマは・・・出ました!【平衡陣】です。

平行陣、すなわち前に出る、という事に他なりません。

サーブからの前進、レシーブからの前進、そしてアプローチからの前進など、平行陣を組むにはまずは後衛が”上がる”という意思を出して初めて成立することになります。

 

ローテーションラリー

 

◆このところシュガーレッスンは「球出し」がなく、
ミニラリーの後はすぐに「ローテラリー」に移ります。

 フォアのストロークに不安を持つ自分としては些か物足りませんが、
シュガー流「中級体験」はまだまだ続いているようです。

◆実は昨日もシュガーレッスンに参加しましたが、
やはり積極的に前に出る練習がメインのため、
下半身が猛烈に疲れている状況です(笑)。

前に出ると言う今までにない体の使い方を行っているため、
脚の筋肉がついてこれず、早く慣れたいものです。

ゲーム

◆【ゲーム】はとにかく平衡陣。

但し、初級平衡陣という事で、
前衛2人は同じ前位置のサービスラインから一歩中に並びます。

守備範囲は ”縦割り”。

すなわちセンターラインを境に二人の守備範囲を二分します。

よってロブなどは自分の後ろに上がったら、
自分が追い付かなければなりません。

でもそんなことよりまずは、
ダブルスの醍醐味は何といってもボレー。

一旦、平衡陣が組まれるとあとはボレーしかありませんね。
今はボレーの失敗が無いよう返すことに集中しなければならないと思っております。

  

来週もよろしくお願いします 。

 

 

◆水曜レポート 1-⑷【個人別点検!】

  ◆水曜レポート◆

2020年1月28日(水)

 
 Contents

      

 

  今年もテニスの4大大会(グランドスラム)が始まりました。最初は全豪オープン。毎日熱戦が繰り広げられていますが、大坂なおみをはじめ、早くも日本勢は敗退となり残念です。現在ベスト16が行われる中、ナダルジョコビッチフェデラーの3強を筆頭にティエム、ズべレフなど、やはり残るべき選手が勝ち進んでいます。フェデラーはベスト16ではアメリカのサンドグレンタイブレイクを含んだフルセットで辛勝しました。マッチポイントを7回も跳ねのけた粘りはさすがでした。でも、WOWWOW未加入の私はひたすらヤフー掲示板の更新とにらめっこしながらのエアー観戦。私もフェデラー以上に粘りましたよ(笑)。

タケエモンレッスン

1-⑷ 個人別点検! 

◆ヒガシコーチがお休みのため
「タケエモンレッスン1-④」となりました。

テーマは【個人別点検】。

タケエモンさんはコーチ代役もあって、
今回我々のフォームをひと通り見ていただき修正するという、
車でいうところの定期点検でしたね。

まずはミニラリー、球出しにてストローク、ボレー、スマッシュなどを行う中、我々の修正点を確認して下さったようです。

 

ローテーションラリー


◆【ローテーションラリー】では
対コーチは再びストロークの球出し。

フォア、バックを交互に打った後の私の修正点は

「まず、ボールに対して大股で追っかけ過ぎ。
ドスンドスンでは、正しい打点(ボールとの距離)を作りにくくなります。
若干、小股でスライドしながら空間を作ってゆきましょう」

毎回指導していただくコーチ陣は
その人の癖というか個性としてみているのでしょうね、
無理に指摘しないようです。

サンプラレッスンなどたまに参加するコーチの場合、
やたらキツイ指摘をくれますものね(笑)。

なので時々は別のコーチのレッスンも必要と言えます。


◆修正点②は
「前に振り切り、フォロースルーで
グリップエンドを前に向けるよう心掛けてください」でした。

フォアの振り切りはどのコーチにも指摘されます。
私の一番の欠点です。

サーブやボレーより実は一番先が見えない課題なのです・・・。

 

サーブ

 

◆相変わらず【サーブ】は入ります。

ところが修正点③は

「トロフィーポーズから足を落とすまではいい感じです」

・・・?

「そこからインパクトへ低い姿勢のまま打っています。
高い打点で打てるよう、ジャンプが必要です。」

「ひゃ~!」タケエモンコーチ、有難うございました。 


~Do not forget to prepare / review!~
日曜も頑張ります。

 

 

◆練習を終えて 1‐④【積極的に前進!】

◆練習を終えて◆

2019年1月26日(日)

 

 

 




 

 Contents 

 

 昨日、腰痛で休んだ水曜の振替で土曜M2レッスンに行って来ました。
意外や意外、参加者5名のため、良い汗がかけました。

 さて、サーブ練習、自信があったはず。

 ところが、練習では打っても打っても全然入らず、ネットばかり。
ヒガシコーチは無言でしたが、
きっと
「(bluesさんのサーブ)まだまだだな。」
と言いたかったのでしょうね。

 ローテーションラリーも最悪でした。

 対コーチとのクロスラリーでは面のスポットに当たらず、
真っすぐに飛びません。

 サーブ、ボレー、ストロークとテーマを
一つ克服しては別のテーマが疎かになってしまいます(笑)。


 テニスは永遠にこの繰り返しなのでしょうか・・・。

 シュガー レッスン 1-④

◆練習お疲れ様でした。
 シュガー レッスン 1-④。

 テーマは【積極的に前進!】

 サーブからの前進による「サーブ&ボレー」、

 ラリ中のアプローチによる「平衡陣」など
レベルアップに向けての練習です。

 ゲーム中のボレーの機会は少なく、
したがって初級ダブルスの欠点はボレー。

 ボレーの数を増やすためにも、
自らボレーに挑むことによってボレーの強化を図りたいものです。

 

ローテーションラリー

 

◆【ローテーションラリー】の対コーチはボレスト。

コーチがネット際に対しベースラインでのラリー時、
少しでも浅い球の時はボレーボレーに持ち込む、
という練習でした。

私の場合
「ボレーのタイミングとステップしてのボレーはほぼ出来ています。」
でしたが、

「ファーストボレーは確実に返すことを心掛けてください。
ファーストボレーを返してからが本当のボレーの駆け引きですから。」

・・・「ひゃー」

サーブ

◆【サーブ】は、昨日の不調を吹き飛ばしました。

 今回はサーブ時の腕の振りを
「腕全体で」ではなく
「肩中心」で振ることを試みました。

 案の定、力がボールに伝わり
浅い弓なりの軌道になるものの
しっかりコートに入る気がしました。

次回はこのうち方で上に向かって打ってみます。

スピンが良い形になることを祈って・・・。

  

来週もよろしくお願いします 。